• ホーム
  • 薬価とレビトラと前立腺肥大の関係

薬価とレビトラと前立腺肥大の関係

薬価というのは薬の価格になります。
ED勃起不全やAGA男性型脱毛症、低用量ピルの処方は保険を使うことができないことから自己負担になり、医療費が高くなる傾向があります。
またこれらの治療はやめてしまうと症状を抑えることができませんので、症状を諦めるまで使い続ける必要があります。
そのような事情で医療費に頭を抱えている人も多いです。
そのことから海外の医薬品を購入できる個人輸入代行業者から仕入れる人も多くなっています。
薬価自体が安いことから非常に安い値段で購入できますので、医療費を抑えることが可能です。
ED治療薬には前立腺肥大を解消する効果があります。
ED治療薬は血管を拡張する効果がありますが、前立腺を弛緩する作用もあることから前立腺肥大によって引き起こされる残尿感や頻尿を緩和する効果があります。
ED治療薬には3種類あり、そのなかでもレビトラという医薬品はバイアグラの後に出てきた医薬品です。
前立腺肥大に効果があるとされるED治療薬で主に名があがるのが、バイアグラとシアリスになります。
しかしレビトラが前立腺肥大に効果がないというわけではなく、バイアグラとシアリスの方が効果が高いことが研究により明らかになっています。
そもそもED治療薬は勃起不全改善のために使うものであり、前立腺肥大の症状を緩和させるために用いるものではありません。
前立腺肥大の症状を緩和するのであれば、専門の治療を受けるようにしましょう。
レビトラの薬価は高めになりますので、クリニックで処方を受ける場合は医療費には覚悟しておかなければなりません。
しかし個人輸入代行業者から仕入れれば安くなります。
クリニックで一度診察を受けて服用しても良い体であれば利用するのも良いでしょう。